MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見006

最も栄養価の低い果実

1987年のギネスブックで「世界一カロリーが低い果実」として、きゅうりが認定されました。きゅうりに含まれる水分量は90%以上。それ以外はビタミンC、カリウム、カロテンで、他に目立った栄養素がないといわれています。しかし、栄養素が少ないからといって、食べても意味が無いわけではありません。きゅうりには食べると体の熱を冷ます効果があり、水分量も多いので、熱中症や夏バテの対策に適しているとされています。

MORE ARTICLE