MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見007

食べ物の殺菌って、どうやってるの?

殺菌には低温殺菌と高温殺菌があり、低温殺菌は比較的長時間、一定温度で行います。よく目にするもので低温殺菌した「パスチャライズド牛乳」と呼ばれるものがありますが、これはフランスの細菌学者パスツールが考案した殺菌方法パスツリゼーションから名付けられています。超高温殺菌は、100度を超える超高温で短時間熱することで行う殺菌。その後急速に冷やされ、滅菌パックした牛乳(LL牛乳)は常温で50日以上もつものもあります。

MORE ARTICLE