MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見055

トウモロコシの粒の数は偶数?

トウモロコシの粒はもともと「雌花」。トウモロコシの花は必ず2つ1組で咲く特性があり、それらが粒となるため必ず偶数になります。穂の中心から2つずつセットで粒が並ぶこの構造は、トウモロコシを輪切りにした際の断面を観察するとよくわかります。ちなみに、この構造によりトウモロコシの一周ぶんの粒の数も必ず偶数になっています。

MORE ARTICLE