MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見057

イモ類の中で、なぜヤマノイモだけが生で食べられる?

いも類は普通、加熱して食べるものですが、ヤマノイモだけは生で食べられます。その秘密はヤマノイモのデンプンの性質と、粘り成分。デンプン質というのはそのままでは消化されにくいので、加熱して構造を弱め、酵素によって分解できるようにする必要があります。ところがヤマノイモ科はテンプンの構造がもともと弱く、粘り成分によるのどごしの良さから生のままでも食べられるのです。

MORE ARTICLE