MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見014

味の種類って、全部でいくつあるの?

「甘さ」とか「酸っぱさ」とか、味にもいろいろありますよね。この味の種類ですが、一体いくつあるか知っていますか?現在、基本味として認識されているものは、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つ。生理学的にはこの5つが味覚として考えられ「五基本味」と呼ばれています。この中でもうま味は1908年に日本の池田菊苗氏が発見したことでも有名な味覚のひとつです。この基本味の他にも辛味、渋味、えぐ味など多くの種類があります。また味覚は国の食文化にも大きく影響しているため、中国やインドではまた違った味覚が存在しているようです。

MORE ARTICLE