MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見069

「飲む点滴」甘酒のヒミツ

甘酒といえば、体の芯から温まりたい冬に飲むイメージがありますが、江戸時代には夏の飲み物としてよく飲まれていたそうで、俳句の世界でも夏の季語になっています。甘酒は、米麹と米を原材料とした発酵食品。お酒と言ってもアルコールは入っていません。ビタミンB1、B2をはじめとするビタミン類、葉酸、食物繊維、オリゴ糖やアミノ酸といった栄養素が豊富で、「飲む点滴」とも言われています。もちろん冬にも風邪予防など良い効果がありますが、甘酒は夏バテ回復や腸内環境の改善など、一年を通して健康づくりに役立つ食品です。

MORE ARTICLE