MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見075

辛さには単位がある

カレー屋さんなどでは「辛さ◯倍」のような表現で注文するお店も多いですが、実際に辛みの程度を表現する単位が存在し、「スコヴィル値」という単位で表されます。1912年にアメリカの科学者ウィルパー・スコヴィルが開発した「スコヴィル味覚テスト」では、トウガラシのエキスを砂糖水で薄め、被験者が辛味を感じなくなったときの倍率を値としていました。現在では機械で測定する方法がとられていますが、スコヴィル値が一般化しているため機械で計測した値をスコヴィル値に変換して表現しています。ちなみに、日本の鷹の爪は約4万〜5万、ハバネロで10万〜35万、世界一辛いとされているキャロライナリーパーという品種は約300万という数値を計測しています。また、スコヴィル値はカプサイシンの量で換算されるため、わさびなどカプサイシンを含まないものの辛さは表現できません。

MORE ARTICLE