MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見085

アンデスメロンとアンデス山脈は無関係

細かい縞模様と緑色の果肉、そしてマスクメロンよりお求めやすい価格が特長のアンデスメロンという品種、みなさんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。アンデスという名前がアンデス山脈をイメージさせますが、実は全くの無関係。アンデスメロンは1977年、日本の種苗会社によって開発されました。その由来は、作りやすい、病気に強い、たくさん獲れる、値段が手頃、などなど、農家にとって安心な特長がいっぱいのメロンだということ。「『安心です』メロン」略してアンデスメロンとなったそうです。

MORE ARTICLE