MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見086

レンコンの穴はなんのため?

レンコンといえば、穴の空いた独特の断面が特徴ですが、この穴にはどんな役割があるのでしょうか?これは、レンコンの生えている環境と関係があります。レンコンが育つのは、水田など水をたっぷり張った泥の中。そのため、茎や根の部分は酸素不足になりがちです。レンコンの穴には地上の葉から酸素を含んだ空気が送られ、茎や根に送るためのパイプの役割をしているのです。ちなみに、レンコンは漢字で「蓮根」と書きますが、蓮の根ではなく地下茎という茎の部分が大きくなったものです。

MORE ARTICLE