MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見089

みかんが赤ネットに入っている理由

みかんが数個セットで、赤いネットに入って売っているところを見たことがある方も多いと思います。この理由、なぜだかわかりますか?答えは、人間の視覚と関係があります。人間の脳は、ネット入りで売られているみかんを見た時、みかんそのものではなくネットごとみかんとして認識します。この時、赤いネットに入っていたほうがみかんの色がより鮮やかに、美味しそうに映るのです。仮にみかんを緑色のネットに入れると、青みがかって熟れていない色に見えるので良くありません。「同化現象」と呼ばれるこの仕組みは、みかんだけでなくオクラ(緑色のネット)、玉ねぎ(オレンジ色のネット)、にんにく(白いネット)など他のネット入り商品にも利用されています。

MORE ARTICLE