MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見096

味の境界線

食の世界では、関西と関東で味付けやかたちが異なるものがたくさんあります。例えば、だしの文化。関東では鰹を使っただしが主流なのに対し、関西では昆布だしを使ったものが多いのです。このような文化の違いを反映して、カップうどんなどでも関東向けと関西向けで味の違うものを販売しているメーカーもあります。この他にも、醤油やもちの形など、関東と関西の食文化の違いはたくさんあるのでぜひ探してみてください。

MORE ARTICLE