MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見106

ご飯のことをシャリとも言うのはなぜ?

白米のご飯のことを「銀シャリ」、お寿司の酢飯のことを「シャリ」と呼ぶことがありますが、一体どこから来た言葉なのでしょう?「シャリ」の語源は、仏教用語の「舎利(しゃり)」といわれています。舎利とは火葬にされたお釈迦様の骨を意味します。細かく砕かれた舎利はとても尊いものとして各国の寺院に収められていますが、その色やかたちがお米を連想させることからこの名がついたとする説があります。

MORE ARTICLE