MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

発見002

甘いものとしょっぱいものが腐りにくいのはなぜ?

甘い砂糖漬けとしょっぱい塩漬け、実はどちらも同じ原理で腐敗を防いでいます。食べ物が腐る原因は、食べ物を腐らせる働きのある細菌(=腐敗菌)と、腐敗菌の活動に必要な「温度」「水分」「酸素」の3つの要素が大きく関係しています。砂糖や塩は、浸透圧によって腐敗菌の水分を奪う性質があるため、3つの要素のうち「水分」の供給を断つことによって腐敗菌の増殖を抑え、ものを腐りにくくすることができます。

MORE ARTICLE