将来の活躍フィールド

将来の活躍フィールド

食をビジネスにつなげる「食品業界」には多種多様な仕事・職種があり、フード・マネジメント学科では、
そのほとんどをカバーする文理融合型の学びを展開しています。
以下の職種が”食”関連の新商品にどういう風に関わるかをご紹介します。

食品業界の仕事や職種を知ろう!

機能性や栄養素などの観点から
素材の可能性を探る

研究職

食材や微生物等がもつ機能性や栄養素を科学的な観点から探り、発見した可能性を新製品の開発につなげる研究職。在学中に培う化学系の実験・分析スキルを活かします。

研究職

新たな味わいや魅力をもつ”食”関連を
製品化して市場に送り出す

食品開発職

実験や試作を繰り返し、新たな味覚や魅力をもつ食品・惣菜・菓子・飲料などを製品化する開発職。栄養・化学系だけでなく、市場を見抜く社会学系の学びも役立ちます。

食品開発職

コンセプトやターゲットを定め、
付加価値をつけていく

企画職

消費者のニーズを察知してコンセプトやターゲットを定め、新製品に付加価値をつける企画職。フード・マネジメント学科が育む人材が待ち望まれている分野のひとつです。

企画職

開発された“食”関連商品の
安心と安全を守る

食品製造職

製品を安定して製造するシステム(工程)をつくり、かつ製品の安心・安全を守る食品製造職。微生物学や食品衛生学から食品製造工学まで、幅広い学びが役立つ仕事です。

食品製造職

市場に導入しながら販路を拡大し
確実に売れるようにしていく

営業・マーケティング職

開発された新製品などの市場導入と販路拡大に向けて、戦略を立案して実行する営業・マーケティング職。食とビジネス、双方の実践的な学びが“強み”になる職種です。

営業・マーケティング職

さらに広がる活躍フィールド

公務員としての活躍

“食”の安心・安全を守る公務員(食品衛生監視員)としての活躍はもちろん、地元の食材や食産品によって地域経済を活性化しようとする自治体は多く、フード・マネジメント学科の学びは行政での仕事にもつながっています。さらに農林水産省や経済産業省、厚生労働省などの国家公務員も期待したい進路です。
※中村学園大学では「公務員試験対策講座」を開講するなど、公務員試験の合格を目標とするバックアップ体制も充実しています。

海外での活躍

海外の“WASHOKU(和食)”人気は高く、世界の各国・地域にビジネスチャンスが広がっています。フード・マネジメント学科では食とビジネスの知識に加え、高度な英語力も備えるため、海外での活躍も目指せます。

さらに広がる活躍フィールド

公務員としての活躍

“食”の安心・安全を守る公務員(食品衛生監視員)としての活躍はもちろん、地元の食材や食産品によって地域経済を活性化しようとする自治体は多く、フード・マネジメント学科の学びは行政での仕事にもつながっています。さらに農林水産省や経済産業省、厚生労働省などの国家公務員も期待したい進路です。
※中村学園大学では「公務員試験対策講座」を開講するなど、公務員試験の合格を目標とするバックアップ体制も充実しています。

海外での活躍

海外の“WASHOKU(和食)”人気は高く、世界の各国・地域にビジネスチャンスが広がっています。フード・マネジメント学科では食とビジネスの知識に加え、高度な英語力も備えるため、海外での活躍も目指せます。

「一番食品株式会社」研究開発部の森本 菜々さん、「株式会社ピエトロ」C&D部の平田 優さん、
ふたりの栄養科学部卒業生がフード・マネジメント学科から広がる可能性を交え、
それぞれの仕事やフードビジネスの最前線に立つ魅力をレクチャーします。

お客様の想いを知るたびに
「美味しいものをつくるぞ」って
モチベーションが高まります。

一番食品株式会社 研究開発部

森本 菜々 さん

中村学園大学 栄養科学部 2017年3月卒業

小学生の時に家族に料理を美味しいと言ってもらえた経験が食に興味を持ったきっかけ。50人の研究員とともに年間8,000件もの新商品開発に日々奮闘している。

わたしの主な仕事

一番食品は全国の様々な食品関連会社の“味”の開発を担っている特殊な会社です。入社後は研究室で味づくりの基礎を学んだ後、本格的な味の開発へ。今まで自分が食べて美味しかったイメージや世の中のトレンドを考え、時にはスーパーやコンビニに通って分析しながら、お客様にプレゼンし、商品化を行います。学生の頃は、開発職は調味料を合わせて美味しいものをつくるイメージしか持っていませんでしたが、実際の食品メーカーでの開発は、味はもちろん、原料の制限や、アレルギー対策、コスト面など様々なことを考えないといけません。その面では中村学園大学で学んだ調理、栄養、体の健康といった知識がベースにあるおかげでさらに視野を広げることができています。

フード・マネジメント学科には食品表示の授業もありますが、私も入社後に食品表示の資格を取得。他社製品に何が使用されているのかがわかると開発にも活かせます。開発といっても研究室だけでなく、お客様と話す機会も多くあるため、相手の想いを直に感じることが、美味しいものを生みたいという仕事のモチベーションにもつながっています。求められる味をつくる仕事は大変ですが、自分の“おいしさ”をより多くの人に味わってほしいと思います。

食品学とマーケティング、
双方に力を発揮できる
後輩を期待しています!

株式会社ピエトロ C&D部(クリエイティブ&デベロップメント)

平田 優 さん

中村学園大学 栄養科学部 2017年3月卒業

食品業界を目指して中村学園大学へ入学。その目標を株式会社ピエトロへの就職によって実現。入社研修後、品質保証室を経て、現在はC&D部で商品開発に従事。

わたしの主な仕事

入社1年目はレストランでの研修や新入社員による「顧客満足度向上プロジェクト」に取り組みました。その後、生産管理部品質保証室での検査業務を経て、現在はC&D部で主に“お客様目線”に立った商品開発を行っています。「ピエトロ」では働く女性を応援する“簡単・おいしい”が特長の「おうちパスタ」がありますが、中村学園大学の食品学ゼミで学んだ多くの知識が役立っています。

また、「ピエトロ」では企業活動の一環で「野菜嫌いをナオソ」をテーマに、幼稚園キャラバンや自社農場に小学生を招く食育活動などを行っていますが、このような活動に関わることができるのも“食”の企業だからこそですし、非常にやりがいのある仕事です。今、食ビジネスは世の中から強く期待される分野になっており、食品学やマーケティングなどこれまでよりも幅広い専門性が必要になっています。フード・マネジメント学科からは、そんな食品業界が待望する人がどんどん育ってきてほしいと思いますし、一緒に成長しながら「ピエトロ」ブランドを広め、会社の成長や、社会全体に貢献できる日が来ることを楽しみにしています。