将来の活躍フィールド

将来の活躍フィールド

食をビジネスにつなげる「食品業界」には多種多様な仕事・職種があり、フード・マネジメント学科では、
そのほとんどをカバーする文理融合型の学びを展開しています。
以下の職種が”食”関連の新商品にどういう風に関わるかをご紹介します。

食品業界の仕事や職種を知ろう!

機能性や栄養素などの観点から
素材の可能性を探る

研究職

食材や微生物等がもつ機能性や栄養素を科学的な観点から探り、発見した可能性を新製品の開発につなげる研究職。在学中に培う化学系の実験・分析スキルを活かします。

研究職

新たな味わいや魅力をもつ”食”関連を
製品化して市場に送り出す

食品開発職

実験や試作を繰り返し、新たな味覚や魅力をもつ食品・惣菜・菓子・飲料などを製品化する開発職。栄養・化学系だけでなく、市場を見抜く社会学系の学びも役立ちます。

食品開発職

コンセプトやターゲットを定め、
付加価値をつけていく

企画職

消費者のニーズを察知してコンセプトやターゲットを定め、新製品に付加価値をつける企画職。フード・マネジメント学科が育む人材が待ち望まれている分野のひとつです。

企画職

開発された“食”関連商品の
安心と安全を守る

食品製造職

製品を安定して製造するシステム(工程)をつくり、かつ製品の安心・安全を守る食品製造職。微生物学や食品衛生学から食品製造工学まで、幅広い学びが役立つ仕事です。

食品製造職

市場に導入しながら販路を拡大し
確実に売れるようにしていく

営業・マーケティング職

開発された新製品などの市場導入と販路拡大に向けて、戦略を立案して実行する営業・マーケティング職。食とビジネス、双方の実践的な学びが“強み”になる職種です。

営業・マーケティング職

さらに広がる活躍フィールド

公務員としての活躍

“食”の安心・安全を守る公務員(食品衛生監視員)としての活躍はもちろん、地元の食材や食産品によって地域経済を活性化しようとする自治体は多く、フード・マネジメント学科の学びは行政での仕事にもつながっています。さらに農林水産省や経済産業省、厚生労働省などの国家公務員も期待したい進路です。
※中村学園大学では「公務員試験対策講座」を開講するなど、公務員試験の合格を目標とするバックアップ体制も充実しています。

海外での活躍

海外の“WASHOKU(和食)”人気は高く、世界の各国・地域にビジネスチャンスが広がっています。フード・マネジメント学科では食とビジネスの知識に加え、高度な英語力も備えるため、海外での活躍も目指せます。

さらに広がる活躍フィールド

公務員としての活躍

“食”の安心・安全を守る公務員(食品衛生監視員)としての活躍はもちろん、地元の食材や食産品によって地域経済を活性化しようとする自治体は多く、フード・マネジメント学科の学びは行政での仕事にもつながっています。さらに農林水産省や経済産業省、厚生労働省などの国家公務員も期待したい進路です。
※中村学園大学では「公務員試験対策講座」を開講するなど、公務員試験の合格を目標とするバックアップ体制も充実しています。

海外での活躍

海外の“WASHOKU(和食)”人気は高く、世界の各国・地域にビジネスチャンスが広がっています。フード・マネジメント学科では食とビジネスの知識に加え、高度な英語力も備えるため、海外での活躍も目指せます。