将来の活躍フィールド

将来の活躍フィールド

食をビジネスにつなげる「食品業界」には多種多様な仕事・職種があり、フード・マネジメント学科では、
そのほとんどをカバーする文理融合型の学びを展開しています。
以下の職種が”食”関連の新商品にどういう風に関わるかをご紹介します。

食品業界の仕事や職種を知ろう!

機能性や栄養素などの観点から
素材の可能性を探る

研究職

食材や微生物等がもつ機能性や栄養素を科学的な観点から探り、発見した可能性を新製品の開発につなげる研究職。在学中に培う化学系の実験・分析スキルを活かします。

研究職

新たな味わいや魅力をもつ”食”関連を
製品化して市場に送り出す

食品開発職

実験や試作を繰り返し、新たな味覚や魅力をもつ食品・惣菜・菓子・飲料などを製品化する開発職。栄養・化学系だけでなく、市場を見抜く社会学系の学びも役立ちます。

食品開発職

コンセプトやターゲットを定め、
付加価値をつけていく

企画職

消費者のニーズを察知してコンセプトやターゲットを定め、新製品に付加価値をつける企画職。フード・マネジメント学科が育む人材が待ち望まれている分野のひとつです。

企画職

開発された“食”関連商品の
安心と安全を守る

食品製造職

製品を安定して製造するシステム(工程)をつくり、かつ製品の安心・安全を守る食品製造職。微生物学や食品衛生学から食品製造工学まで、幅広い学びが役立つ仕事です。

食品製造職

市場に導入しながら販路を拡大し
確実に売れるようにしていく

営業・マーケティング職

開発された新製品などの市場導入と販路拡大に向けて、戦略を立案して実行する営業・マーケティング職。食とビジネス、双方の実践的な学びが“強み”になる職種です。

営業・マーケティング職

さらに広がる活躍フィールド

公務員としての活躍

“食”の安心・安全を守る公務員(食品衛生監視員)としての活躍はもちろん、地元の食材や食産品によって地域経済を活性化しようとする自治体は多く、フード・マネジメント学科の学びは行政での仕事にもつながっています。さらに農林水産省や経済産業省、厚生労働省などの国家公務員も期待したい進路です。
※中村学園大学では「公務員試験対策講座」を開講するなど、公務員試験の合格を目標とするバックアップ体制も充実しています。

海外での活躍

海外の“WASHOKU(和食)”人気は高く、世界の各国・地域にビジネスチャンスが広がっています。フード・マネジメント学科では食とビジネスの知識に加え、高度な英語力も備えるため、海外での活躍も目指せます。

さらに広がる活躍フィールド

公務員としての活躍

“食”の安心・安全を守る公務員(食品衛生監視員)としての活躍はもちろん、地元の食材や食産品によって地域経済を活性化しようとする自治体は多く、フード・マネジメント学科の学びは行政での仕事にもつながっています。さらに農林水産省や経済産業省、厚生労働省などの国家公務員も期待したい進路です。
※中村学園大学では「公務員試験対策講座」を開講するなど、公務員試験の合格を目標とするバックアップ体制も充実しています。

海外での活躍

海外の“WASHOKU(和食)”人気は高く、世界の各国・地域にビジネスチャンスが広がっています。フード・マネジメント学科では食とビジネスの知識に加え、高度な英語力も備えるため、海外での活躍も目指せます。

ダブルスクール制度の活用で
日々着実にステップアップ!
向学心の強い方におすすめです。

ユナイテッド&コレクティブ株式会社

福田 純平 さん

熊本市立必由館高等学校出身

両親とも食に関する仕事をしている影響で、僕も中学生の頃から飲食業界で料理人として働きたいと思っていました。卒業後は、関東を中心に飲食店を展開する企業に就職予定。食材選びや調理に対する真摯な姿勢に共感し、「ここなら理想に近い仕事ができそう」と思い選んだ会社です。入社したらすぐ厨房に入れるそうなので、料理人として経験を積めることに、今からワクワクしています。また、いろんな経験を積んだあと、いつか故郷で自分の店を持ちたいと思っています。地元の人に愛される“ごはん屋さん”を開くのが僕の夢です。

在学中は週に4日、ダブルスクールで姉妹校の「中村調理製菓専門学校」に通い、より専門的な知識、実践的な技術を学びました。バイトや部活もあり多忙でしたが、調理の技術や知識を磨き、自分の成長を実感する日々は楽しかったです。就職活動では、面接でダブルスクールについて採用担当の方に興味深く聞いてもらえ、自己PRにプラスになったと思います。講師や先輩方との交流を通して飲食業界への理解も深まります。自分をもっと高めたい!という前向きな方に、ダブルスクールは本当におすすめです。

憧れのパンメーカーに就職決定!
チャレンジ精神を忘れず
自分の目標を追いかけます。

株式会社フランソア 製造部

松村 有紗 さん

福岡市立福岡西陵高等学校出身

「将来はメーカーで食品開発がしたい!」そんな私の夢に一番近づけそうな進学先がフード・マネジメント学科でした。講義のなかで、企業の方から実際の食品開発のお話をうかがえたり、企業でインターンシップを経験できたり―。さらに、フードスペシャリストなどの食に関する取得を目指し、体系的に知識を身につけることができます。ゼミでは、興味のあるテーマを掘り下げて学びました。どの講義も実践的で面白く、ますます飲食業界のことが好きになりました。

就職活動では、ここで身につけた知識や技能が大きな自信につながったと思います。就職先は、私が大好きな“パン”のメーカーを志望しました。「フランソア」を選んだのは、健康志向のパンの商品開発に力を入れているところが魅力的だったからです。最初の配属先は製造部ですが、将来は自分で企画・開発したヒット商品を手がけたいです。また、海外に工場や直販店があるので、英語をいかしたビジネスにも関われたらと思います(フード・マネジメント学科ではTOIEC対策の講義を受講しました)。自分の可能性を信じて、何事にもチャレンジ精神をもって新社会人として新しい世界に羽ばたきます!

“食”を通して
人々の健康に貢献するため、
大学院への進学を決意!

九州大学 農学部 大学院/生物資源環境科学府

鎌田 菜摘 さん

福岡県立城南高等学校 卒業

ずっとフードビジネスに興味があったものの、業界や職種のことを何も知らなかった私。本学科に入学したのは、ここなら将来進むべき道が見つかりそうだと思ったからです。多彩な講義を通して、私は食と健康の結びつき、とくに“機能性食品”に興味をもちました。食品の安全性や機能性について、もっと探求したいと感じ、次第に「私は研究職向きかもしれない」と思うようになりました。

そこで、あと2年間大学院で勉強しようと決心。大学院で学ばれている先輩方のお話もうかがい、九州大学農学部の大学院への進学を決めました。九州大学を選んだ理由は、“機能性食品”の研究の第一人者と呼ばれる先生がいらっしゃるからです。長寿社会ではあるものの健康高齢者の少ない日本で、この状況を改善するのに“機能性食品”の研究はきっと大きな助けになると思っています。大学院で大いに学び、卒院後は食品メーカーで“機能性食品”開発に関わりたいです。講義を通して、私を新たな目標に導いてくださった、フード・マネジメント学科の先生方には、本当に感謝しています。