MENU

PAGETOPへ

発見!フードマネジメントな365日┃フード・マネジメント学科特設サイト

フード・マネジメント学科は、食に関する疑問や発見から未来を切り拓き、
食産業で幅広く活躍できる人を育成する学科です。このサイトでは、フード・マネジメントに
まつわるトリビアなど、学びの魅力をさまざまな角度から紹介していきます。

授業PickUp!

  • 食品学基礎実験
    各分野の実験の基礎となる操作を学び、科学的思考ができるように学習することを目的とした、すべての「実験」系科目の基本となる科目です。調製した試薬を用いて、酸化還元滴定、中和滴定などの容量分析を行って実験の基礎的な手法を学びます。
  • 食品バイオテクノロジー学
    私たちの豊かな日常生活を支えているバイオテクノロジーについて学びます。種々のバイオテクノロジーの技術、およびその食品への応用までを幅広く理解し、新しい発酵食品や農産物、遺伝子組み換え食品、細胞融合技術などについて理解を深めます。
  • 食品衛生学
    食品衛生とは、食品に起因する健康被害を未然に防止し、安全性を確保するための手段のこと。この授業では、食品衛生に関する行政発表やマスコミ報道などの最新情報を取り入れながら、食品の安全性を確保するために不可欠な食品衛生に関する知識を習得します。
  • 食品企業経営戦略論
    フードビジネス業界で活躍するトップマネジメント層をゲスト講師に迎えた実践的な授業。経営者の体験談等を通じて、主体的に学ぶ姿勢を身に付け、仕事に対する情熱・高い志を抱き、食産業界を牽引するリーダーを目指すことを目的としています。
  • 総合基礎英語
    世界最大級の英会話学校「ベルリッツ」の講師による授業で、企業の海外展開などにおいて即戦力として活躍できる語学力を身に付けた人材の育成を行います。これまでのようなインプット中心の学習スタイルではなく、学生の発話する時間を十分に確保し、英語でのコミュニケーション力を育成します。

フード・マネジメント学科には、
この他にも幅広い分野の授業科目が盛りだくさん!

栄養科学の知識・技術をベースに、
食品科学の幅広いスキルを持つ「新たな食のスペシャリスト」を目指します。

食の基礎から食ビジネスに必要なプロへの総合力を実践的に学ぶ

フード・マネジメント学科には、海外にも通用する新たな食のスペシャリストに必要な総合力、実践力、即戦力への学びがあります。社会人として広く活躍するための一般教養学、栄養科学の基礎知識、さらには機能性のある食品、高齢食などの研究・開発・製造のための知識、食品科学をビジネスへつなげる知識など、新たな付加価値を持った食産業をつくりだす人材を育成します。

太田 英明教授
フード・マネジメント学科では、「食」の可能性をさらに拡げる「食のスペシャリスト」を育成します!
フード・マネジメント学科 学科主任
太田 英明 教授

〈学位〉農学博士 〈担当予定科目〉食品化学、食品分析学、食品学基礎実験、食品機能学、食品加工学、官能評価・鑑別演習 等 〈研究分野〉生活科学/食生活学/食品加工学、食品機能学、食品科学、食品栄養学

食のスペシャリスト