HAKKEN

土用の丑の日に食べるのは別に鰻でなくてもよい

土用の丑の日に食べるのは別に鰻でなくてもよい

土用の丑の日には「ウ」のつくものを食べると夏負けしないといわれたことから、鰻を食べる風習ができました。鰻はビタミンが豊富。Aは皮膚や粘膜を丈夫にし、B1は炭水化物を効率よくエネルギーに変えてくれます。「うり」の冬瓜、西瓜は、体の熱を取るといわれます。梅干の酸っぱさは疲労回復や食欲増進。うどんは消化吸収がよく、やはり夏向きといえます。

トリビア一覧はココをクリック!