HAKKEN

イモ類の中で、なぜ山芋だけが生で食べられる?

イモ類の中で、なぜ山芋だけが生で食べられる?

いも類は普通、加熱して食べるものですが、ヤマノイモだけは生で食べられます。その秘密はヤマノイモのデンプンの性質と、粘り成分。デンプン質というのはそのままでは消化されにくいので、加熱して構造を弱め、酵素によって分解できるようにする必要があります。ところがヤマノイモ科はテンプンの構造がもともと弱く、粘り成分によるのどごしの良さから生のままでも食べられるのです。

トリビア一覧はココをクリック!