HAKKEN

日本の文化「弁当」のはじまり

日本の文化「弁当」のはじまり

一つの箱にごはんとさまざまな料理を詰め込む日本のお弁当は、世界の携帯食の中でも独特の発展を遂げています。最近では、海外でも日本式のお弁当を「bento」と呼び親しまれているそうです。安土桃山時代ごろには漆塗りの器などに入れたお弁当が茶会や花見などに利用されてきましたが、特に大きな発展を遂げたのは江戸時代。旅行などに持っていく腰弁当や芝居の幕間に食べる幕の内弁当など現代にもつながる原型がこの頃生まれ、お弁当レシピの本や折詰弁当専門店などもこの時代からとされています。

トリビア一覧はココをクリック!