HAKKEN

おいしさを支える冷凍技術

おいしさを支える冷凍技術

鮮度が落ちやすい魚などは、冷凍して輸送することも多いもの。しかし、冷凍すると風味は損なわれやすいため、凝固点下でも凍らない『過冷却』と呼ばれる現象を利用した冷凍法が開発されています。「CAS(Cells Alive System)冷凍」と呼ばれるこの方法は、水分子を細かく振動させながら冷却することで、凍結時に大きな氷の結晶を作らないため細胞膜の破壊が起こりにくく、風味や食感を損なわずに保存することができるのです。

トリビア一覧はココをクリック!