HAKKEN

「無糖」缶コーヒーでも、糖分がゼロではない?

「無糖」缶コーヒーでも、糖分がゼロではない?

コーヒーをはじめとして、「無糖」「ゼロシュガー」「ノンシュガー」「シュガーレス」などと甘さや糖類を気にする消費者に向けてアピールする表記にはさまざまなものがありますが、実はこれらの表記がある場合でも糖類が全く入っていないというわけではありません。日本の法律では、「食品100gもしくは飲料100mLに対し、単糖類または二糖類の糖類が0.5g未満」である場合に使用できることになっています。

トリビア一覧はココをクリック!