HAKKEN

うなぎの刺身を見かけないのは?

うなぎの刺身を見かけないのは?

うなぎの蒲焼や白焼きは食べたことがある方も多いと思いますが、うなぎの刺身を食べたことがある方は少ないのではないでしょうか。うなぎは、血中に「魚類血清毒」と呼ばれる毒を含んでおり、大量に飲んだ場合は下痢や嘔吐をはじめ、皮膚の発疹や麻痺、呼吸困難が引き起こされ、死亡することもあるといわれています。ただし、この毒は60℃、5分の加熱で完全に毒性を失うため、加熱調理をすれば食べても問題ありません。また、血液をきれいに流すなど丁寧に処理すれば刺身でも食べることができるため、うなぎの刺身を提供しているお店も存在します。

トリビア一覧はココをクリック!