HAKKEN

ワインボトルの底の秘密

ワインボトルの底の秘密

ワインボトルの底を見てみると、真ん中がくぼんでいることに気づくと思いますが、この形状は、ワインボトルならではのものなのです。ワインは、長期に保存して熟成させているとオリが沈殿してきます。このオリはタンニンという渋みの成分が多く含まれ、飲むと強い渋みがあり舌触りも良くありません。瓶の底のくぼみは、ワインを注ぐ際にこのオリが舞い上がらず、美味しい上澄みの部分だけを飲むことができるようにするための形状です。

トリビア一覧はココをクリック!