HAKKEN

乾燥しいたけを戻す時に砂糖を加えるのはなぜ?

乾燥しいたけを戻す時に砂糖を加えるのはなぜ?

乾燥しいたけを戻す際には、40℃前後のぬるま湯に30分から1時間程度浸しておくのが一般的です。この時、ぬるま湯に少しの砂糖を加えるとよいとされていますが、なぜなのでしょう。実はこれ、砂糖の保水性によってしいたけの中心部まで水分を浸透させることによって、乾燥による風味の劣化を防いでいるのだそうです。

トリビア一覧はココをクリック!