HAKKEN

ビスケットとクッキーの違い

ビスケットとクッキーの違い

ビスケットとクッキー。似ていますが、それぞれに定義があります。ビスケットは、イギリスから伝えられた焼き菓子で、語源はフランス語の「ビスキュイ(=2度焼いた)」からきているとされています。「ビスケット類の表示に関する公正競争規約」によれば、『小麦粉、糖類、食用油脂及び食塩を原料とし、必要により澱粉、 乳製品、卵製品、膨脹剤、食品添加物等の原材料を配合し、 又は添加したものを混合機、成型機及びビスケットオーブンを 使用して製造した食品』です。一方で、クッキーはアメリカから伝えられたもので、同規約によればビスケットのうちで『「手づくり風」の外観を有し、糖分、脂肪分の合計が重量百分比で 40%以上のもので、嗜好に応じ、卵、乳製品、ナッツ、乾果、蜂蜜等により製品の特徴づけをおこなって風味よく焼きあげたもの 』とされています。

トリビア一覧はココをクリック!