HAKKEN

食中毒を防ぐお弁当のつくりかた

食中毒を防ぐお弁当のつくりかた

まずは清潔を保つこと。調理の前はよく手を洗いましょう。弁当箱はパッキンまでしっかり洗浄して熱湯消毒を。食材はよく加熱すること。前日のおかずもなるべく当日の朝、再加熱を。おひたし等水分の多いものはゴマや鰹節に水気を吸わせる。涼しいところにおいて(余分な熱をとる)菌の繁殖を防ぐこと。菌の嫌がる環境をつくりましょう。

トリビア一覧はココをクリック!