HAKKEN

強力粉は結局、なにが強力なのか?

小麦粉の強力粉・中力粉・薄力粉という種類は、たんぱく質の量によって決まります。たんぱく質が多い強力粉は、粘着力と弾力の高い生地を作ることができるため、パンや中華麺などに使われます。中力粉は、うどん。薄力粉は、たんぱく質が少なく、ケーキやお菓子、天ぷらなどの料理に向いています。

トリビア一覧はココをクリック!