HAKKEN

辛いししとうができる理由

辛いししとうができる理由

シシトウの正式名称は、シシトウガラシ。トウガラシの甘味種とされ一般的にあまり辛くありませんが、辛味成分が表に出にくいだけで、辛味遺伝子は持っています。そのため栽培の環境条件によっては強烈な辛さをもつものができることもあり、見た目には分かりにくいので注意が必要です。高温や水不足、栄養不足など、ストレスがかかると辛くなるといわれています。

トリビア一覧はココをクリック!