HAKKEN

最も栄養価の低い果実

1987年のギネスブックで「世界一カロリーが低い果実」として、きゅうりが認定されました。きゅうりに含まれる水分量は90%以上。それ以外はビタミンC、カリウム、カロテンで、他に目立った栄養素がないといわれています。しかし、栄養素が少ないからといって、食べても意味が無いわけではありません。きゅうりには食べると体の熱を冷ます効果があり、水分量も多いので、熱中症や夏バテの対策に適しているとされています。

トリビア一覧はココをクリック!