HAKKEN

飲み物の入ったグラスに氷を入れると、どうして氷にヒビが入るの?

飲み物の入ったグラスに氷を入れると、どうして氷にヒビが入るの?

秋になりましたが、まだまだ暑い日には氷を入れた冷たいドリンクを飲みたくなります。グラスに入った飲み物に氷を入れると、パキパキと音を立ててヒビが入っていきますよね。なぜこんなことが起こるのでしょうか?飲み物の温度は氷の温度よりも高いので、氷の表面は温められて膨張します。一方、冷たいままの中心部は大きさを維持しようとする性質があるため、内部と外部の大きさのバランスが崩れ、耐え切れなくなった結果ヒビとなってしまうのです。

トリビア一覧はココをクリック!