HAKKEN

清少納言も食べていた「かき氷」

清少納言も食べていた「かき氷」

暑い日が続きますが、季節的にはかき氷もそろそろ食べ納めの時期でしょうか。このかき氷、一体いつごろから存在しているのでしょう。かき氷の起源をたどっていくと、行き着くのは清少納言。随筆集『枕草子』の中の一節に「削り氷(けずりひ)」という食べ物が出てきます。「あてなるもの。(中略)削り氷に甘葛入れて、新しき金鋺に入れたる」(上品なもの。削った氷に甘いつゆをかけて、新しい金の椀に盛りつけたもの)と紹介されたその食べ物はまさにかき氷。もちろん冷凍庫などない時代、氷は貴重な存在。特権階級の者しか食べることができないグルメだったのです。

トリビア一覧はココをクリック!