HAKKEN

小麦粉が紙袋で売られているのはなぜ?

小麦粉が紙袋で売られているのはなぜ?

スーパーなどで売られている小麦粉は、紙袋に入っていることがあると思いませんか?実はこれ、小麦粉の保存と関係があるのです。小麦粉に含まれるグルテン(グルテニンとグリアジン)というタンパク質は、空気と触れ合っていないと固まってしまうという性質があります。また、空気と触れていると酸化・劣化してしまいます。そのため、密閉性の高い素材の袋に入れてしまうと、袋の中で変質したり、固まってしまうことがあります。ある程度通気性をもたせる必要があるため、紙袋で売られているのです。

トリビア一覧はココをクリック!