HAKKEN

缶切りが開発されるまでのワイルドすぎる缶の開け方

缶詰がこの世に登場し、その後、缶切りが発明されるまでなんと約50年間もかかっていたって、知っていますか?その間、金づちとのみなど、色んなものを使って缶を開けていたようです。保存に優れた缶詰めは兵士たちの食糧としても活躍しましたが、戦場では銃やナイフで開けることもあったといわれています。もし現代で、缶切りが見つからない場合は、スプーンや石を使ってフタを開けることができます。もしものときにお試しあれ。

トリビア一覧はココをクリック!