HAKKEN

刺し身を切り身と言わないのは?

刺し身を切り身と言わないのは?

生食用の魚の切り身のことを、「刺し身」と呼びますよね。刺さずに切っているのに刺し身と呼ぶのはなぜなのでしょうか?「刺し身」と呼ぶのは、室町時代からだそう。武家社会であった室町時代には、人を「斬る」につながる「切る」という言葉は縁起が悪いとされ、忌み言葉として避けられたとのことです。「刺す」という表現は、包丁で刺して小さく切っていたからとされています。

トリビア一覧はココをクリック!