HAKKEN

冷奴の名前の由来

冷奴の名前の由来

「奴(やっこ)」というのは、日本料理における食材の切り方のひとつで、大きめのさいの目に切ることを指します。その語源は、江戸時代に遡るそう。「奴」というのは奉公人の俗称で、彼らの着ていた衣服に四角形の模様がよく用いられたことから、四角形に切ることを「奴に切る」と呼ぶようになったそうです。ちなみに、さいの目よりも小さく立方体に切ることは「あられ」と呼ばれています。

トリビア一覧はココをクリック!